尼崎/腰痛ー腰椎椎間板ヘルニアとは

こんにちは。

尼崎で東洋医学南整体院をやっている南です。

本日は、「腰椎椎間板ヘルニアとは」についてです。

腰痛で病院で診てもらって腰椎椎間板ヘルニアです。
と言われて、シップや、薬のみだったりして
結局どうしたらいいの?と
思われているかもしれません。

そもそも腰椎椎間板ヘルニアとは何かを
知らないかも知れません。

どうしたらいいのかと行く前にそもそも腰椎椎間板ヘルニアとは
何かを知りましょう。

そうすれば、どんなことに注意をしたら良いのか、
どんなことをすればいいのか理解できます。

 

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎椎間板がヘルニアになって
そのヘルニアが神経を圧迫して、痛みしびれが引き起こされる
と考えあられている病名です。

腰椎椎間板とは

 

腰椎は5つあります。その腰椎との間にあるものが
腰椎椎間板です。
腰椎椎間板はクッションの役割があり、この腰椎椎間板が
あるので、動きがスムースに行えたり、衝撃が加わわったときに
和らげることができます。

ヘルニア

本来あるところから飛び出した状態をヘルニアといいます。

この腰椎椎間板は、柔らかいゴムタイヤのように柔軟で
柔らかいものです。ちょっとした負担に対しては強く
またすぐに元に戻ります。

しかし、何回同じところに負担がかかると
飛び出してしまいます。

西洋医学ではこの原因が老化によるものと考えています。
本当に原因が老化によるものなら治ることはありません。

老化を治さないと腰椎椎間板ヘルニアは治らないですからね。

 

どんな症状がでるのか?

症状は、腰から足にかけて、痛みやしびれです。

なぜ、こんなにアバウトなのかと言えば、
椎間板ヘルニアがある場所によって症状がでるところが
違うからです。

しかし、腰椎椎間板ヘルニアになりやすい場所があります。

それは、腰椎四番と5番の間と腰椎5番と仙骨の間です。
腰椎の下のほうが椎間板ヘルニアになる人が多いです。

 

神経学的レベルがL4

・L4レベルの神経が腰椎椎間板ヘルニアによって圧迫されると
前脛骨筋の筋力が弱くなると考えられています。

・Refrexでは膝の反射がなるなったり減少したりします。
リラックスして、膝の皿の下の筋張った腱のところを軽く叩くと
足がピクッと動きます。この反射がなくなったりします。

・sensation.足の内側の感覚が鈍くなったり、感じなくなったりします。

神経学的レベルがL5

・L5レベルの神経が腰椎椎間板ヘルニアによって圧迫されると、長母趾伸筋の
筋力が弱くなったります。

・Reflexはありません。

・Sensationは足の甲の感覚が鈍くなったり、感じなかったりします。

神経学的レベルがS1

・神経学的レベルがS1の神経が圧迫されると、長・短腓骨筋の筋力が弱くなったりします。

・Reflexでは、アキレス腱反射が弱くなったりなくなったりします。
足をリラックスして台の上におき、足首が自由に動けるようにします。
そして、アキレス腱と軽く叩きます。正常であらば、足首がピクッと動きます。
腰椎椎間板ヘルニアではこの動きが減少したリ、なくなったりあします。

 

 

どうやって調べるの検査方法とは

徒手検査

下肢伸展挙上。SLR =straight leg rising

徒手検査とは、器械を使わずに手のみ検査です。

腰椎椎間板ヘルニアがある場合は、膝を上げる途中で
痛みがでてきます。

上向きに寝たままで、まっすぐに足を伸ばしたままで足を
ゆっくり上げていきます。もし、椎間板ヘルニアがあれば
足の裏側に痛みが生じます。悪い方の足が痛みます。
悪くない方の足は痛みがなく、上げることができます。

更に足首を甲の方に曲げることで、更に負荷をかけることが
できます。

動脈硬化検査

手足のしびれは神経だけでなく、血管が原因で
起こることがあります。閉塞性動脈効果症のような
病気です。

これは、血管が原因なのか、椎間板ヘルにが原因7日を
見極めるために行います。

画像検査

CTスキャンやMRI検査です。実際に体内の状態を
撮影することで、判断します。

この画像検査は更に詳しく知るために行われます。

まとめ

本日は、西洋医学から考えた腰椎椎間板ヘルニアについて
書きました。

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎椎間板が飛び出て神経を圧迫して
でる痛みやしびれなどの症状出る病気のことです。

このことを知ることで、どのようにしたら体に悪いのか
どんなことをすればいいのか考えることができるポジションに
立つことができます。

他人任せにすることなく、自分でも創意工夫するなら良くすることが
できます。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。