尼崎・腰痛が現代医療ではなぜ治らないのか?

こんにちは。

尼崎で東洋医学南整体院をやっている南です。

本日は、現代医療のタブーとされている
テーマについて書いていきます。

対象者は、腰痛の悩み抱えている方です。

腰痛になって、どこに行ってもなかなか良くならない。

色々な病院にいっても色々なことを言われて、

どうしたらいいか、考えてこんでしまったりします。

先生の言う通りに実行しても、なかなか成果がなく、
通っても先が見えなかったり、そんな経験はありませんか。

そこで、今回は、
「腰痛がなぜ、治らないのか」ついて
説明していきます。

なぜ、現代医学では腰痛は治らないのか?

腰痛の本当の原因がまだ、解明されていないからです。

 

なので、腰痛の原因が分からないので、腰痛を治療する方法は
わからないのです。

その証拠にを示す研究を2つご紹介します。

フィンランドのマルミヴァーラらの研究

腰痛の患者さんを三つの群にわけて、Verbal Ratiing Scale(VRS)で評価した研究です。

Verbal Rating Scale (VRS)とは、
0:痛くない、1:少し痛む、2:かなり痛む、3:耐えられない程痛む、の4段階で
腰痛について患者さん自身に答えてもらう方法です。

発症から一週間未満の急性腰痛患者さん186名を対象に行われました。

  1. 二日間の安静臥床(安静に寝ている群)。
  2. 腰の可動域を広げるストレッチ運動郡。
  3. 耐えられる範囲内で日常生活を続ける群。

無作為に割りつけ、その後経過を12週間にわたって追跡しました。

結果は

その結果によると、3群の中で一番早く回復したのは、
日常生活群です。一週間後には80%が職場に復帰しました。

ストレッチ運動群は、64%復帰率でした。

安静臥床群は、59%でした。

欠勤日数にしても、日常生活群がもっとも少なかったのです。

このことから、西洋医学的に治療は逆に腰の回復を悪くしている
可能性するあります

 

オランダのクースの研究

また、オランダのクースの研究チームのによる研究があります。

6週間以上持続している腰痛あるいは頚部痛の患者さんを4つの群に分けて、治療成績を1年間追跡調査しました。

対象患者256名を対象に行われました。

一つは、医師の標準的に治療(鎮静剤、安静臥床、腰痛体操、姿勢に関するアドバイス)群。

2つ目は、マニピュレーション群(西洋の整体)

3つ目は、理学療法(温熱療法、TENS(経皮的神経電気刺激法)、超音波、ジアテルミー)群。

4つ目は、シャムトリートメント=見せかけの治療(見せかけの超音波、見せかけのジアテルミー(マイクロ極超短波も含む高周理電磁場療法))群

 

 

結果は


その結果、4群の中でもっとも成績が悪かったのは、標準的治療群とシャムトリートメント群でした。

この結果から考えると、現代医療はの考え方事態が間違っている可能性があります。

 

こんな過ちを見極めるヒント

現代医療では難しいですが、諦めることはありません。

独学でやれば、時間がかかりますが、確実な一歩を進んで
いってくださいね。

その上で、あなた自身に良いものかどうかを見極めるための
考え方についてご紹介していきます。

実勢に腰痛のために色々な運動や、体操を
行うにあたって二つのなぜについて考えておきましょう。

二つのなぜとは、

なぜ、それをするのか?

なぜ、それをしないのか?

です。

 

二つのなぜについて、考えないと、いつまでたっても同じ過ちを繰り返されます。

なそ、それをするのか、なぜ、それをしないのか?

考えることが必要です。

 

そうすることで、あなた自身に適切かどうかを
見極めることができますからね。

もし、あなたにあっていなければ、そのやり方を
やめるか、やり方を変えるかして行ってみましょう。

当院の施術においても、

その施術はなぜ、するのか、なぜ、それ以外の方法はしないのか?

考えています。

言われて通りやっても学ばないと何も進歩がないですからね。

 

言われてまま、本で学んだままそれを信じると

盲信的にになるます。

常に疑うことが必要になります。

まとめ

まとめ、本日は、現代医療では腰痛はなぜ治らないのか?

それは、腰痛の原因の85%がわからな無いからです。

原因がわからないから、治療法もわからないのです。

 

 

そりゃ医療費がかかかるはず!

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。